FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【確率約3分の1!?】/ 9,000円で9,000円を狙う
2006/12/09(Sat)

9,000円で、宝くじを買うとするなら、やっぱりド~ンとジャンボ宝くじ!?

やはり大きな夢を買うには、ジャンボかな?


10枚3,000円じゃ~物足りないし、

連番&バラの組み合わせるとどうしても、9,000円くらいにはなってしまうものです。

ただ、夢のないことを言うようですが、

当選確率からすると、なかなかそうは甘くないですよ。

それを考えると9,000円っと言っても、結構大きな金額です。

約1日分の労働に値しますし、食事や飲み会などにも2回くらいは行けそう。

ま~でも、こんなことを考えていては、宝くじなんかできませんよね。ごめんなさい。(^o^)



そこで、大きくド~ン!んと狙うハラハラ、ドキドキも良いと思うのですが、
同じ9,000円をかけてみるなら、少しでも確率の高い勝負をするのも1つです。



【当選確率 約3分の1】くらいならどうでしょう?

そう、ミニならせめてこれくらいまででないと利益が出ませんもんね。

ナンバーズ3*ミニで考えてみると約33枚(6,600円)
当たると理論値で9,000円ですから、ちょっぴり利益が出るくらい。

でも、リスクの割には、物たりない?(笑)


そこでナンバーズ3*ミニで45枚(9,000円)を購入してみるのも1つかと。。。

当選金額の理論値が9.000円なので45枚としてみました。

でも当選したとしても9.000円!?

リスクを負うだけ、『意味な~いじゃん!』っというお叱りを受けそうですが、
ここが、少々、ミソなのです。


この購入方法では、ジャンケンでいう‘アイコ’を含めるのです。

購入パターンをお話した方が、早いかもしれませんのお話しますと

まず15通りの数字を各2枚ずつ購入します。これで30枚です。(確率は、15通りですから100分の15)

ここから当たりが出ますと、理論値上9.000円×2(枚)で、18.000円の当選金ということになります。

購入資金の9.000円を引くと9.000円が利益ということですね。


プラス15通りの数字をこちらは、各1枚を購入します。

ここから当選が出てても1枚なので、当選金額は、9.000円です。

理論値上、プラスマイナス0です。
※ここが、私の言わんとする‘アイコ’の部分です。

少し当選確率を下げても(45%⇒30%)、損失を防ごうとする部分になります。

これで、購入枚数は、15枚×2+15枚で45枚。(購入金額9.000円)

ここで実質的な当選確率は30%ですが、何らかの傾向などで10通りくらい削除できれば勝率3割3分3厘です。


この勝率3割3分3厘の確率を高いと見るか、小さいと見るかは、人それぞれです。

ちなみにプロ野球選手で見てみると、10回打席に立って、3本ヒットを打てれば3割バッター!

まあ、確率だけをみた場合ですけどね、3割って凄くないですか?


どちらにしても、この場合の買い方も、当選にひっかかる?30通りの数字の絞込みが、重要です。

70通りは、外れるわけですから。

70通り上手く削除できたら、負けないのにな~(笑)


これは、あくまでも1つの購入パターン笑ってくださいね。。



☆運を見方につけるなら
~★億万長者!になる風水★~~~


☆狙って予想するなら
☆大人気!ナンバーズ自動生成ソフト


→私は、やっぱりナンバーズ3 トップへ戻る


スポンサーサイト
この記事のURL | ナンバーズ3:ミニ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。